貸衣装店カネマタのブログ

「知多半島最大の貸衣装店・半田カネマタ」
成人式、卒業式、七五三、ウエディング、和装、洋装などすべてに対応。

ブログ

2019/12/01

お宮参り、産着の下には何を着る?〜季節別にオススメの服装〜

 

 

 

お宮参りで産着やベビードレスを着る赤ちゃん。

 

ただその下の服装はどうしたらいいのか、お悩みではないですか?

 

 

 

体温調節がまだ上手にできない赤ちゃん。

 

季節ごとの服装には気を使ってあげなければいけません。

 

 

 

そこで今回は、産着の下に着る服装の季節ごとのオススメをご紹介します。

 

 

 

 

 

ベビードレスを着た男の子の赤ちゃん

お宮参りの前撮りをさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

【産着の下には何を着たらいいの?】

 

 

 

 

 

◯気候に合わせた普段着

 

祝い着を着せてしまうと赤ちゃんはほとんど頭しか見えないので、その時期の気候に合わせた普段着の赤ちゃんが多いですよ。

 

 

 

 

 

◯少しおしゃれなベビードレス

 

最近はレースやフリルのついたセレモニー用の豪華なベビードレスや普段着より、ちょっとお洒落なベビードレスが多いですよ。

 

 

 

 

 

◯夏は肌着のみでも

 

暑い季節には産着の下は、涼しくて汗を吸う肌着だけの姿も珍しくありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

【産着の下の服装〜季節ごとのオススメ〜】

 

 

 

 

 

◯春(3〜5月)、秋(10〜11月)

 

 

春先や秋口は長袖の普段着やベビードレスがちょうど良いですが、当日急に暑くなったり冷え込むこともあります。

 

下着は薄手のものと厚手のものを用意しておきましょう。

 

 

 

 

 

◯夏(6〜9月)

 

 

暑さが厳しい真夏は、基本的に産着の下は肌着のみにし、赤ちゃんが脱水にならないように短時間で済ませましょう。

 

 

車の中や食事会などの冷房対策に、薄手のおくるみやバスタオルなどを持参すると安心ですよ。

 

 

 

 

 

◯冬(12〜2月)

 

 

赤ちゃんが寒くないことを第一に考え、冬用のしっかりした下着と温かな服装をさせましょう。

 

 

セレモニードレスなどは真冬の寒さに対応できるものは少ないので、カバーオールなどの冬用の普段着がオススメです。

 

 

 

 

 

鷹の柄の産着を着た男の子の赤ちゃん

産着を着ての撮影です。

 

 

 

 

寒かったりの暑かったりすると、赤ちゃんのご機嫌もナナメになってしまうかもしれません。

その時の気温や赤ちゃんの体調に合わせて、臨機応変に服装も変えてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

産着のレンタルはコチラから。

 

 

 

 

 

フォローして頂くとコラムの更新を見逃しません。

 

質問も受け付けています。

 

 

 

 

 

Instagram:kanemata_isyouten

Twitter:@Kanemata_Isyou

Facebook:カネマタ衣装店

一覧に戻る
  • プライスリスト
    写真スタジオ
    ブライダルプロデュース
    着物レンタルカタログ
    着物レンタルショップ
  • お問い合わせ
f-logo
TEL.0569-21-1085
AM9:00~PM6:00
[定休日:水曜](祝日の場合は営業)
〒475-0855 愛知県半田市中町1-74

Copyright© レンタル貸衣装・カネマタ衣裳店 All Right Reserved.

トップへ戻る

トップ > 貸衣装店ブログ一覧 > お宮参り、産着の下には何を着る?〜季節別にオススメの服装〜