貸衣装店カネマタのブログ

「知多半島最大の貸衣装店・半田カネマタ」
成人式、卒業式、七五三、ウエディング、和装、洋装などすべてに対応。

ブログ

2020/01/20

ひな祭り!〜雛人形選びのポイントは?〜

 

 

 

3月3日のひな祭り。

雛人形をこれから用意するというご家庭も多いのではないでしょうか?

 

 

お店にはたくさんの雛人形がありますが、どれも同じように見えてしまい悩んでしまいますよね。

 

そんな時に、雛人形を選ぶポイントを抑えておけば選びやすくなるはず。

 

そこで今回は、雛人形選びのポイントをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

【雛人形選びのポイント】

 

 

 

 

◯雛人形のお顔をチェック

 

雛人形によって、お顔の感じが違い印象も変わります。

これは買い手の好みになるかと思いますが、いろいろ見比べて好きなお顔の雛人形を購入しましょう。

 

大きく分けると、職人手づくりのお顔と、型から抜いたお顔の2種類があります。職人手づくりのお顔には、髪の生え際やまゆに細かい技が光りますよ。



最近は、小さいお子様も怖がらないよう、かわいいお顔立ちで作っている雛人形も増えています。

 

 

 

 

 

◯衣装の素材をチェック

 

人形の衣装は物によって違いがあり、安いものは生地が薄かったり、素材が安っぽいことも。

できるだけ衣装に厚みがあり、良い素材を使っているものを選びましょう。

女雛(めびな)を横から見せてもらうと、衣装の厚みの違いがわかりやすいですよ。

 


生地には、主に絹、化学繊維と絹が混ざったもの、化学繊維の3種類があります。

化学繊維にはてかりやごわつきがあり、正絹にはなめらかな光沢と柔らかさがあるのが特徴です。

予算に限りがある場合はある程度の妥協が必要ですが、その場合でも裁縫や仕立てはきちんとチェックしましょう。

 

 

 

 

 

◯小物の素材をチェック

 

男雛(おびな)や女雛(めびな)の両端に飾ってある橘や桜の土台、菱餅の素材、さらにはお道具もチェックしましょう。

 

こういった細かい部分も見ておき、納得したうえで買えば、後々になって後悔することがありません。

 


ただし、お道具などの小物は後から追加したり交換することもできるので、こだわり過ぎず、あくまでも男雛と女雛をメインに考えて選んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

◯ケース、収納のチェック

 

ケースにもガラス製とアクリル製があります。ガラスは割れる可能性があるので、小さいお子さんがいるご家庭や引越しの予定がある場合、床に直置きする場合はアクリル製がおすすめです。

 


収納状態もチェックが大切。お人形の保存に一番いいのは1体1体をそれぞれの箱にしまうことです。

七段飾りなど大きいものを購入するときは、収納場所についてもきちんと検討してくださいね。

 

高温になる場所や湿気の多い場所は避けましょう。最近では、購入したお店で保管してくれるところもあるようなので聞いてみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

ピンクの着物を着た女の子

着物を着てのひな祭りも、想い出に残りやすく素敵ですよ。

 

 

 

 

 

いかがですか?

大切なお嬢様への贈り物である雛人形。

毎年出すものですから、しっかりと納得するものを選んで綺麗に飾り、お嬢様も楽しめるひな祭りにしましょう。

 

 

 

 

 

着物のレンタルはコチラから。

 

 

 

 

 

〜SNSも随時、更新中〜

フォローして頂くとブログの更新を見逃しません。

質問も受け付けています。

 

 

 

 

Instagram:kanemata_isyouten

Twitter:@Kanemata_Isyou

Facebook:カネマタ衣装店

一覧に戻る
  • 貸衣装
    写真スタジオ
    ブライダルプロデュース
    着物レンタルカタログ
    着物レンタルショップ
  • お問い合わせ
f-logo
TEL.0569-21-1085
AM9:00~PM6:00
[定休日:水曜](祝日の場合は営業)
〒475-0855 愛知県半田市中町1-74

Copyright© レンタル貸衣装・カネマタ衣裳店 All Right Reserved.

トップへ戻る

トップ > 貸衣装店ブログ一覧 > ひな祭り!〜雛人形選びのポイントは?〜