貸衣装店カネマタのブログ

「知多半島最大の貸衣装店・半田カネマタ」
成人式、卒業式、七五三、ウエディング、和装、洋装などすべてに対応。

ブログ

2019/11/21

小学校の卒業式!〜袴のサイズの測り方〜

 

 

 

 

小学校の卒業式、袴を着て出席できるととても素敵ですよね。

 

 

 

そんな大切な日の袴は、しっかりとお子様に合ったサイズのものを選びたい。 

 

 

だけどなかなか着ることのない袴、サイズの測り方もよくわからない。

 

そんな方のために今回はお子様にピッタリの袴のサイズの測り方をご紹介します。

 

 

 

 

袴を着た小学生の女の子

卒業式の前撮りに来て下さいました。

 

 

 

 

 

【ピッタリのサイズを選ぼう!袴のサイズの測り方】

 

 

 

 

お子様の体格に合った着物と袴を選ぶためにはどの部分のサイズを確認すれば良いか、またどのように測れば良いかをご紹介します。

 

 

 

 

 

◯裄丈(ゆきたけ)

 

 

背中心である首の付け根から肩を通って、手首の関節までの長さです。

 

測る時は腕を斜め45度に伸ばし、首から肘まで、肘から手首までと2段階に分けてメジャーを当てると正確ですよ。

 

65cm以上ある場合は、ジュニア向けの小さめサイズより、通常の大人用サイズが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

◯袖丈(そでたけ)

 

 

肩部分から袖下まで、袖の長さです。

 

 

 

 

 

 

◯袴丈(はかまたけ)

 

 

袴のひだが始まる部分から裾までの長さです。紐部分は含まれません。

 

測る時は、アンダーバストの5cmほど下から垂直にメジャーを下します。

 

 

草履の場合は足のくるぶしの中心くらいまでの長さ、ブーツの場合はそれより少し短めの丈にするとバランスが良くなります。

 

なお、小学校の卒業式は体育館などで行われる場合が多く、上履きに履き替える必要が出てきます。

上履きはぺたんこでヒール部分の高さがないため、袴丈が長過ぎると裾を踏んでしまったり、引きずってしまったりするので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◯胸囲(アンダーバスト)

 

袴は紐の締め具合で幅を調整します。

 

アンダーバストが大きい場合は、袴の横が開いて目立ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

目安として、アンダーバストのサイズが65cm以上なら通常の大人用の袴がおすすめです。

65cm以下であれば小さめサイズの袴が良いでしょう。

 

 

 

袴を着た小学生の女の子

卒業式の前撮りに来て下さいました。

 

 

 

 

最近は卒業式での袴の着用を禁止する小学校もあります。

 

そんな場合は袴を着て卒業式の前撮りをされるのもおすすめです。

 

袴を着られる数少ないチャンス、せっかくなので形に残してみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

衣装のレンタルはコチラから。

 

 

 

 

 

 

フォローして頂くとブログの更新を見逃しません。

質問も受け付けています。

 

 

 

 

Instagram:kanemata_isyouten

Twitter:@Kanemata_Isyou

Facebook:カネマタ衣装店

一覧に戻る
  • 貸衣装
    写真スタジオ
    ブライダルプロデュース
    着物レンタルカタログ
    着物レンタルショップ
  • お問い合わせ
f-logo
TEL.0569-21-1085
AM9:00~PM6:00
[定休日:水曜](祝日の場合は営業)
〒475-0855 愛知県半田市中町1-74

Copyright© レンタル貸衣装・カネマタ衣裳店 All Right Reserved.

トップへ戻る

トップ > 貸衣装店ブログ一覧 > 小学校の卒業式!〜袴のサイズの測り方〜